スマートフォンサイトを表示する

日本蕓術院について

日本蕓術院令

日本蕓術院令
(昭和二十四年七月二十三日政令第二百八十一號)

最終改正:平成一二年六月七日政令第三〇八號

內閣は、文部省設置法(昭和二十四年法律第百四十六號)第二十三條第三項の規定に基き、この政令を制定する。

(日本蕓術院の性格)

第一條
日本蕓術院は、蕓術上の功績顕著な蕓術家を優遇するための栄譽機関とする。

(組織)

第二條
日本蕓術院は、院長一人及び會員百二十人以內で組織する。
2
日本蕓術院に次の三部を置く。
  • 第一部 美術
  • 第二部 文蕓
  • 第三部 音楽、演劇、舞踴
3
會員は、いずれかの部に分屬する。
第三條
會員は、部會が推薦し、総會の承認を経た候補者につき、院長の申出により、文部科學大臣が任命する。
2
前項の部會の推薦する者は、部會において蕓術上の功績顕著な蕓術家につき選挙を行い、部會員の過半數の投票を得た者とする。
3
前項の投票において、病気その他の事故のため出席できない者は、郵便その他の方法により投票することができる。
第四條
會員は、終身とする。ただし、會員が退任を申し出た場合には、総會の承認を経て、これを認めることができる。
第五條
院長は、蕓術に関し卓越した識見を有する者のうち、會員の選挙により過半數の投票を得た者につき、文部科學大臣が任命する。
2
前項の場合において、過半數の得票者のないときは、投票の最多數を得た者二人につき、更に會員が投票を行い、多數の得票を得た者をもつて當選者とする。ただし、得票數が同數のときは、年長者をもつて當選者とする。
3
第三條第三項の規定は、前二項の選挙に準用する。
4
院長の任期は、三年とする。
5
院長は、非常勤とする。
6
院長は、院務を総理する。
7
院長に事故があるときは、部長のうち最年長者が、その職務を代理する。
第六條
各部に屬する會員により部長として互選された者は、各部の部務を掌理する。
2
部長は、三年ごとに改選する。

(會議)

第七條
日本蕓術院の會議は、総會、部會及び連合部會とする。
2
総會は、年二回、院長が招集する。ただし、必要があるときは、臨時にこれを招集することができる。
3
部會は、部長が招集する。
4
連合部會は、関係する部の部長の申出により、院長が招集する。
5
総會は、會員の過半數が出席しなければ、議決をすることができない。ただし、あらかじめ通知した議題について、書面をもつて意思を表示した者は、その議題に限り、出席したものと認めることができる。
6
総會の議決は、出席した會員の多數決による。
7
前二項の規定は、部會及び連合部會の會議に準用する。

(職員)

第八條
日本蕓術院に事務長その他所要の職員を置く。
2
事務長は、院長の指揮をうけ、日本蕓術院に関する庶務を整理し、その他の職員は、上司の指揮をうけ、庶務に従事する。

(雑則)

第九條
この政令に定めるもののほか、日本蕓術院の運営に関し必要な事項は、総會の議を経て、院長が定める。

附 則

この政令は、公布の日から施行し、昭和二十四年六月一日から適用する。

附 則(昭和三六年六月二日政令第一七一號)

この政令は、公布の日から施行し、この政令による改正後の日本蕓術院令第八條第一項の規定は、昭和三十六年四月一日から適用する。

附 則(昭和四三年六月一五日政令第一七〇號) 抄

(施行期日)

1
この政令は、公布の日から施行する。

附 則(平成一二年六月七日政令第三〇八號) 抄

(施行期日)

第一條
この政令は、內閣法の一部を改正する法律(平成十一年法律第八十八號)の施行の日(平成十三年一月六日)から施行する。

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.

亚洲精品国产免费无码