スマートフォンサイトを表示する

日本蕓術院について

  • ホーム
  • 日本蕓術院について
  • 役割?沿革

役割?沿革

役割

日本蕓術院は,蕓術上の功績顕著な蕓術家を優遇するための栄譽機関です。
また,蕓術の発達に寄與する活動を行うとともに,蕓術に関する重要事項を審議し,これを文部科學大臣又は文化庁長官に意見を述べることができるとされています。

沿革

日本蕓術院は,明治40年6月に文部省美術展覧會(文展)を開催するために設けられた美術審査委員會を母體とし,大正8年9月に「帝國美術院」として創設されました。
その後,昭和12年6月に美術のほかに文蕓,音楽,演劇,舞踴の分野を加え「帝國蕓術院」に改組されるなどの拡充を経て,昭和22年12月に「日本蕓術院」と名稱を変更し,今日に至っています。

組織図

組織図

日本蕓術院のロゴマークについて

日本蕓術院のロゴマークは,日本蕓術院會員の小林斗盦氏から提供を受けたものです。
蕓術に攜わる者にとって大切な「蕓」の字をいかすこととして,「蕓」に簡化される前の「藝」字の起源となる金文の一つを採用しました。字形は,人間が跪いて両手を延ばし,草又は木を捧げ持ち,植え付けている形を表しています。この文字は漢字の草創期とも言うべき中國殷代末期(約三千四百年前)の甲骨文字や金文にたくさん殘っていて,その原義が一目了解されるものです。

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.

亚洲精品国产免费无码