スマートフォンサイトを表示する

日本蕓術院について

會館について

日本蕓術院 寫真

日本蕓術院會館は,會員の故?吉田五十八(昭和29年1月會員就任,39年11月文化勲章受章,49年3月死去)の設計により昭和33年に竣工しました。
この建物は「平安朝時代の優雅,典麗の雰囲気を主調として,弘仁,藤原の面影を彷彿させ,さらにこれを近代の時代感覚によって,現代の姿に移行せしめることを意図した。従って建物は平屋建を選び,これに配するに平安朝特有の中庭をもってし,さらにこの周囲に廻廊をめぐらして,平安朝を端的にしかも強力に表現したつもりである」(吉田五十八)とされています。
會館は,會員の會議?懇談や日本蕓術院授賞式などに使われるほか,展示室では日本蕓術院所蔵の美術作品を一般に公開(不定期)しています。

平成15年9月,(社)日本建築學會によって,日本蕓術院會館が歴史的に価値が高く,技術の成果がデザインに反映されているとして,「日本におけるモダン?ムーブメントの建築100選」に選ばれました。

  • 會館正面 寫真
    會館正面
  • 庭園 寫真
    庭園
  • 庭園 寫真
    庭園
  • 中庭 寫真
    中庭
  • 講堂 寫真
    講堂
  • 展示室 寫真
    展示室

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.

亚洲精品国产免费无码